タキシードの下着は何を着る?

さて、タキシードの下着は何を着る?

まり気にされない、タキシードの下着

結婚式の場合、花嫁がかける情熱は下着にまで及ぶと想像がつくとしても、花婿が着るタキシードの下着に花婿自身が関心を傾けているのでしょうか。たぶん、いつもと同じ身につけ慣れた下着だということが多いでしょう。せいぜい、新品の下着にするということぐらいかもしれません。ともすると、普段からワイシャツの下には何も着ない派もいるでしょう。そこで、あまり気にはされていそうにない、タキシードの下着について考えてみます。

ほとんど、結婚式のタキシードはレンタルが少なくとも半数以上にのぼるでしょう。ですから、クリーニングなしで返却することになりますので、必ずU首かV首のアンダーシャツの着用をおすすめします。「クリーニングなしというのだから、どんな状態でも構わない」というのでは、これから家庭を持つ方の意識としては低過ぎます。このようなことはマナーとでもいうもの。注意しまししょう。

また、花婿はそのままの衣装で2次会会場に向かうこともあるでしょう。その場合のために、もう1枚、アンダーウェアの替えを用意することも考えておきたいものです。次に、ズボンの下のパンツになります。タキシードの色によってはパンツの色が透けてしまう、ラインがズボンに響いてしまうなどがありますから、おすすめはベージュ系のボクサーパンツです。これなら、両方の難点をカバーしてくれますから、間違いはないでしょう。

groom-1578188_640

注意をするぐらいの意識はしたいもの

花婿がレンタル衣装を借りる際、下に履くパンツを指定されることもあるようです。やはり、ベージュや白のパンツということになりますので、皆さん、意外と手持ちになくてわざわざ購入する方がいるよう。また、その他には緊張する時だからこそ、いつもと同じパンツでリラックスして臨もうとする方もいるようです。

結婚式後には、花婿・花嫁両者とも花婿の下着まで覚えていないかもしれませんが、一生に一度のことですから、注意をするぐらいのことはしていきたいものです。